<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Morondava Baobab, Tsyngy and Kirindy

yattokosa Madagascar.
korekara Baobab allee desu.
sonogo Kirindy toiu Presave nature ni ikimasu.
Lumur yara iru soudesu.
shiasatte ha Tsyngy.

wakuwaku tairiku ha meshi ga yabai hodo umai.
hitomo yoi.
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-29 15:50 | Africa

Nairobi アフリカもヨーロッパも同じ

アフリカの悪口を書いていますが、ヨーロッパだって大して変わらないです。人の悪さはかつての身勝手植民地と差別から折り紙つきですからね。そして、計算のできない郵便局員やらスーパーの店員もヨーロッパは健在です。そして、のんびりと人の前を歩く、横切るもあたりまえ。考えてみればアフリカ人と変わらないのです。むしろひどい場合も多いのです。日本人としては、あたりまえのことで、ヨーロッパ、アフリカはそうではないだけでしかないだけです。見方を変えれば黒い肌のヨーロッパ人がごろごろいるわけですね。面白い世界です。ただむかつきます。

ただ救いはアフリカ人は足をかけたりぶつかっても、特に謝る必要がないことです。ヨーロッパだと、因縁つけられたりがあるのでアフリカの方が心置きなくですね。

そして、今日は私は朝から車にぶつかられるという事態。これも信号があればいいのでしょうけども、東ヨーロッパのような寛大さがあればカバーされることでしょう。西ヨーロッパはせっかちなので信号がなければ同じようなことになるでしょう。怪我はなかったです。ただむかつく。

ナイロビは2週間。やっとマダガスカルです。あと20分くらいで空港へのバス。しばらく日本語のネットはおあずけです。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-26 16:05 | Africa

欧州の安い移動情報

少しだけ後々のために残しておきます。

Sky Europe
ロンドン発のものがイージージェットより安いの発見!
Which Budget
総合サイトっぽい。
Condor
こちらはルフトハンザ系です。なのでマイレージにも使える。
GermanWings
これは、ドイツ系でしかもルフトハンザ系。ただし、ケルン・ボン、ベルリン、シュトゥットガルトが起点。しかも、ベルリンは弱い。
easyjet
あちこち飛んでいる。結構使っています。
Volare web
ミラノを起点にしてます。
Cheap Tickets finder
どこを利用しているかわかりませんでしたが、イギリス起点のはず。
RyanAir
こちらはもちろんイギリス。
BasiqAir
オランダ起点をちらほら見た記憶が。

いずれにせよ、サービスは別料金です。飛行機でジュースはお金がかかります。
なんでこのようなものを書いたかというと、アフリカの後のロンドン対策です。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-25 22:01 | Somewhere

ナイロビ 苦労が多い。なんでだろう。

それはアフリカだから。
昨日は、映画を見に行くため、ウエストランドに行きました。あらかじめ時間も確認してマタツ(ミニバンのタクシー)に乗り込み行ってきました。映画館の場所はたらいまわしでみつけたのですが、残念ながら教えてもらった時間は間違っていました。
仕方なく、GPOに行きました。ケニアで一番大きな郵便局。切手買うのにいつもはそんなに時間はかかりません。なのに、昨日は30分以上かかりました。理由ですか?
新人とかいう人が55シリングの切手を渡してきて75シリングで売ってきたためです。ケニアだけではなくアフリカ全般に言えることと思いますが、みな計算ができません。27ブルのバス代(エチオピア)で50ブル払って27ブルのおつりがきたりと、得することもありますが、たいていが時間かかります。しかも、両替でたたく電卓は毎回違う数字をたたき出します。こうなると、計算をしている人に問題があるとしか思えません。
そして、コンファレンスセンターに上るのにも一苦労でした。チケットを売っている場所にいくと「チケットはない。」という言葉をいただきました。セキュリティのおじさんまで、「あそこで買え」の一点張り。なんとか200Kshで購入したものの、ガイドのおじさんがチップを要求してくる始末。

チップは客に要求するものではないのですが、レストランでもかなり多いです。ウェイターやウェイトレスが自ら要求してきます。そんなサービスもされていないのにです。
先日は3人で食事をしにいって同じものを頼んだのに、200Kshといわれた上に、チップ要求でみな、ひきました。

サファリではコックが「くまもと」としきりにうるさかったです。スワヒリ語です。「暖かい女性器」という意味になります。最低のコックだったのでチップはほとんどやりませんでした。(一応、やらないわけにはいかないため。)

こんな日々に疲れています。明日からマダガスカルです。

ちなみに、本日マダガスカルという映画をみました。どうでもよい映画でした。金額につりあわなかった・・・
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-25 21:26 | Africa

Nairobi イライラな日々は誰のせい?

ケニア、おそらく理由がなければ二度と来たくない国です。
友人のロスト・ラゲージは見つかりました。でも、中に入っていた現金、ツールボックスは盗まれていました。一時期アムステルダムにあるとのことであったため、タグはナイロビではがされたものと思われます。しかも、鉄格子の鍵のかかった場所に置かれていたということで、空港の職員が犯人であることは疑いの余地もなしです。しかし、警察は取り合うこともなく、しかも犯人は捕まえられないの一点張りだったとか。多くの悪いことしか、ここにでおきていないのでますますケニア人が嫌いになっていきます。

道では人がよけることもなくぶつかってくる。あやまらん。
突然進路を変えてぶつかってくる。あやまらん。
車は「すまん、すまん」といいながらアクセルを踏む。「ポレ(すまん)」の意味がない。
女性はプレデターのマスクとったような顔で突然、道の真中でとまって動かない。
宿(ニューケニアロッジ)は日本人が来るから泊まっているが、オーナーをはじめ従業員は最低。(どうやってぼるかであるとか、サービスをなにも考えていない。)
(欧米人はサファリが60ドルから。日本人ははじめ55ドルが52ドルに下がる。)
言い出したらきりがない・・・

宿でみな日本人はぷんぷんしています。最悪です。早く出たい。

まぁ、そんなわけで、観光も少ししてきました。1998年8月7日にアメリカ大使館が爆破されたのはご存知かと思われますが、そこは現在はモニュメントのある公園です。20Kshで入れます。1ドルが75Ksh。

明日は、観光のできる最後の日なので博物館とコンファレンスセンターに行ってみる予定です。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-24 19:01 | Africa

Nairobi 旅人の注意事項を少し

よく旅する人なら知っていると思いますが、T/Cは100%再発行ができるとはかぎりません。それと、預ける荷物にお金は入れてはだめです。

どういうことかというと宿で盗まれてもT/Cはドミとかだと再発行できないということが多々あるためです。ドミはお互いの荷物がすぐ近くにあるわけで、自己管理の問題ということなんでしょう。もちろんシングルとかだったら再発行されます。

預ける荷物にお金というのは論外です。T/Cならともかく現金はだめです。荷物に入っているのはばれています。

そして、クレジットカードの保険は3ヶ月以内の旅までしか有効ではないので、3ヶ月以内に帰国が必須です。

けっこう知っていそうで知っていないこと。書いておきました。

補足;
クレジットカードの件は契約条件によって変わるようです。旅の期間が3ヶ月以降でも保険が効いている期間なら大丈夫なものもあるとか。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-23 23:27 | Africa

MasaiMara 象さんやライオンさんもいる!

a0013001_20145268.jpg
a0013001_2022628.jpg

結構間近で見ることができるのですが、あまりみなやる気はないようです。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-23 20:23 | Africa

ナイロビ ロスト・ラゲージ 奪われる旅の日々

ニューケニアロッジには現在8人の日本人がいます。そして、その5人はマダガスカルからの帰宅組です。そのうち3人はロスト・ラゲージ。4つのバックパックはどこかへと消えていきました。また2人はこれからマダガスカルへ。

旅の間、時間の余裕や金銭的な余裕などとは関係なく準備など、大いなる影響を与えるロスト・ラゲージ、保障などでは賄いきれません。日記や友人のアドレスなどは特に取り返しがつかない。モーリシャスとマダガスカルのエアーが共同運行しているとのことですが、あまり真剣ではないようです。ひどい話です。2週間以上も待っている方も一人いて、迷惑料50ドルをもらったようですが、すべてがストップです。

というわけで、私はバックパックは置いていきます。私も友人の電話番号をレバノンでなくしましたし、今回ばかりは久々に気を引き締めます。
(ちなみに、非常に現在混んでいるためにこういった状況がおきているのではないかということでした。どう考えても言い訳です。カナダ人、フランス人などもみなバックパックでやられているとのことでした。)

ちなみに、再び下痢です。ナイロビは私にとってあわない町のようです。なんだか、いやな町です。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-23 17:31 | Africa

Nairobi 友の出発の写真

a0013001_2352199.jpg

自転車乗りが先日、一週間前くらいに出ました。そして、一人はタンザニア、一人はエチオピア。同じ部屋でいつも朝も早起き組で楽しかった自転車のりです。ほかの二人とは飯を食べにいったりと毎日暇をしませんでした。

3方向に別れた日からまた多くの日本人が入れかわるように出入りします。
もう4人が出て行きました。そして、明日3人出ます。

私はもう少しここにいそうです。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-23 13:43 | Africa

Nairobi やはり非の打ち所しかない・・・

アフリカにはいってからいろいろと面白いというか不思議な出来事、わたくし的にですが、多くあります。

最近ならイシオロからナイロビへのバスの下に実はヤギが入っていただとか、モヤレからイシオロのローリーのひどい揺れでもヤギは交尾をしていたりだとか、ケニアの女性は非の打ち所しかないほど、性格、容姿、容貌がひどいことだとか、元気?の後の言葉が金くれ!だったり、もううんざりですね。

というよりも、むしろもう黒人に飽きてきました。そして、いい人に出会うことがレアなだけに、非常に苦労しています。悪いことばかりです。

まぁ、そんな日々なので、今日は「ファンタスティック・フォー」なる映画を看てきました。面白かったです。見所はインヴィジブル・ウーマンの初めての透明になるシーンです。服を脱いでいる途中に肌が透明じゃなくなっちゃって・・・
ちょっとしかないセクシーショット!!ありがとう映画。白い肌の露出はここでは、ずいぶんとありがたいものでした。今日はぐっすり眠れそうです。
[PR]
by mir2004jp | 2005-08-22 23:03 | Africa