<   2005年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧

ルクソール 泥棒宿に泊まっています。

朝の7時に到着。ひたすらやかましい客引き。そして、わたしはヌビア・オアシス・ホテルに泊まることにしました。シングル、ファン付きで7ポンド。チャリは8ポンドだから2日間で30ポンド。少し高いが、一人は気持ちがいい。もちろん、人が多いのもいいのだが、たまには一人がいいのである。

本日の成果。
・ルクソール神殿を眺める。(20ポンド(学割)なので入らず。)
今日の夜にライトアップされたものを見に行ってみます。

・ルクソール博物館(学割で30ポンド)
規模は大きくないもののなかなかよくできた博物館。ただし、カイロのそれとは違い、整然とされているため、エジプトっぽくない。ミイラも同一チケットで見ることができる。

・カルナック神殿に入る。(学割で20ポンド)
カルナック神殿は大きいです。しかも、たくさんの柱、壁画などなど。
満足。ただ、観光客が多い。というか、多すぎる。

ふと、アンコール・ワットを思い出す。
そう、明日は西岸。またチャリンコでまわります。くたびれるのだろうな・・・

おまけですが、今年に入ってから、プライスが2倍にはねています。
困ります。ネフェルタリの墓もまだ閉鎖されている。明日は、軽く見てだけになりそうです。
デンデラには行きそうもないです。暑くて、暑くて。

ちなみに、サファリホテルは最高でした。お別れはみなに見送られてでした。かつてのブダペストのテレザのメンバーのようでした。おみやげももらいました。

ありがとうサファリのみんな!

あさってにはアスワンに向かいます。




[PR]
by mir2004jp | 2005-06-30 19:49 | Africa

カイロ アスワンからの船のチケット購入

ラムセス駅の横にあるハミス・トラベルのある建物の一階にはアスワンからワディ・ハルファの船のチケットが売っています。現在は234.5ポンド。朝10時に頼んで、14時30分にもらいました。

ところで、今日はトゥールーン・モスク行きました。雰囲気が好きです。どんどんと横に広がっていく祈る民はなかなかいいものです。

本日32ポンドで購入したチケットでルクソールに向かいます。



[PR]
by mir2004jp | 2005-06-30 00:40 | Africa

カイロ サファリでカレー

本日のシェア飯は、カレーでした。
うまかったです。

ところで、カイロで、アスワンからワディファルファ行きの船チケットは明日から発売のようです。
面倒です。

今日は、かなり酒を飲む速度が速かったので、この辺にしときます。




[PR]
by mir2004jp | 2005-06-29 06:33 | Africa

カイロ アスワンから先への重要事項発生

アスワンからワディ・ハルファへの船は週一しかないのですが、これが時期悪いと取れないとのことでした。というわけで、カイロで購入します。
明日、購入後に、気が向いたら、メイデゥームにでも行こうかと考えています。
いろいろとあるのですが、なにかと、どうでもよいほど忘れています。

YHカードを作成しました。25ギニー。写真とパスポートコピー要。

1500からの酒盛りでかなり頭痛が残っていましたが、だいぶ今はましです。
一瓶、6ギニー。つまみつき。結構うまい。

ちなみにルクソール行きのチケット購入しました。32ギニー。金がかなり飛んでます。



[PR]
by mir2004jp | 2005-06-28 08:04 | Africa

Cairo カイロ 考古学博物館に行ってきました。

7年前との違いは、カメラ持込不可ということ。なんにせよ、中身は大きく変わっていませんでした。

私の好きなグランドフロアーは相変わらず、いい雰囲気でした。

前回は、ヨルダン大使館に行った後。
今回は、エチオピア大使館に行った後。

いずれも、順調に取得でした。
今回のですがエチオピア大使館の場所はドッキの近くなのですが、地球の歩き方が、まさに地球の迷い方でした。場所があっていない。知っていたからよかったものの、知らないと最悪ですね。Meseha Sq Villa 11にあります。20ドルで9時半申請の11時受け取り。

帰りは、ナイル川をまたぐ、のんびり散歩でカイロに入りました。ドッキはギザにあたるため。

さて、サファリの飯ですが、夕飯は、シェア飯なのです。
一日目は、そぼろ、パスタサラダなど。2ポンド
二日目は、冷やし中華。2ポンド
三日目は、魚の煮付け。2.5ポンド
四日目は、かきあげ丼。2.5ポンド

本日は、麦焼酎をいただきながら、柿の種をいただきました。おっとっとも。

よい日々です。




[PR]
by mir2004jp | 2005-06-27 07:57 | Africa

カイロ 日本大使館よ~、頼むよ!

エチオピア大使館が、金曜日、日曜日が休みということで、土曜日はやっているということを知り行ってきました。やってませんでした。というわけで、月曜日にしかアスワンから出る船への乗船は、かなり困難となり、一週間ほど待つことにしました。酷いです。日本大使館においてあった資料には書いてあったに。。。

アスワン行きのチケットは売り払い、とりあえず、のんびりします。
というわけで、本日はやる気なしです。




[PR]
by mir2004jp | 2005-06-26 05:27 | Africa

カイロ ピラミッドに行きました。

朝8時に起きて、9時出発。やる気はないが、見るものは見ました。
久々に7年ぶりのピラミッド、変わっていなかったです。あたりまえか・・・

ただし、今回は、前回はいれなかったクフ王のものに入れました。50ギニー。学割で半額になりました。実際は100ギニーです。10ドル近くの金額ということで、かなりへこみます。中は、カメラ持ち込み不可能になっていました。持ち込みましたし、写真もとりましたけども・・・
結構、すぐに見切れえしまうほどゴール地点が近いです。ただ、大回廊はなかなかでした。

もう登頂ということは事実上、不可能ということになっており、先日もチャレンジした方は御用になっておりました。

ケンタッキーで休んだのですが、後ろからすごい視線を感じました。スフィンクスです。
正面に見えるピザハットとケンタッキーはものすごい位置にあるようです。

韓国料理のレストランで25ギニーのスチューデントメニューを食べ、ヒルトンのカジノに寄ったりと、何をしえいるのだかという一日でした。明日は、エチオピア大使館です。そして、アスワン。
[PR]
by mir2004jp | 2005-06-24 22:07 | Middle East

カイロにてスーダンヴィザ取得!

23日の夜中12時にカイロの空港に到着しました。タクシーで30ギニー(1ドルが5.8ギニー)程度で町の中心に行けるのですが、35ギニーでさっさと移動しました。

宿泊している宿は、カイロの男塾。サファリホテルです。2階にはスルタンホテルがあります。
居心地は抜群です。宿の旅人は非常に親しみやすい方ばかりです。

友人にロシアの歩き方を買っていくなどの仕事も果たして、本日は、眠らず朝を迎えました。
そして、私のアジア横断コンビと南米で会ったという方(この方は私のサンクリストバルで会った友人にもバイーアで会っていた)と、本日、日本大使館に行ってきました。その後、私はスーダン大使館に行き、14時に来るようにということになりました。ビザ代は100ドル。申請書を記入後、裏表コピーを一枚と写真2枚で、日本のレターを添えてで申請がすぐできます。

現在、南からの縦断ルートではスーダンは入れないので、事実上、このエジプトからしか入国ビザが取得できないようです。

土曜日にはエチオピア大使館が開いているので、即取得を目指します。当日で20ドルとのことです。そしたら、後は、アスワンを月曜日に出る週一の船を確保するだけです。

エジプト観光ができないかもしれませんが、暑いしルクソールくらいでいいかな、という気分です。それでいいのだろうか・・・
エチオピアビザ次第で私のスーダン入りの日付が決まります。
[PR]
by mir2004jp | 2005-06-23 18:40 | Africa

砂漠が待っている。

a0013001_2334385.jpg

そろそろ砂漠です。そして、野生の大地。
何が待っているのか、何を求めているのか、バガボンドのはじまりです。
[PR]
by mir2004jp | 2005-06-22 15:34 | Europe

東欧の周遊に関してちょっとしたアドバイス

東欧の宿情報や、交通情報をアップしたつもりでしたが、なんと、私は
セルビア関連
しかアップしておりませんでした。なので、ここで、チェコからポーランドまでの交通情報も含めて簡単にアップです。

☆チェコ
■プラハ
○Hostel Sokol
Tyrsuv dum, Nosticova, 2 Prague, 3rd floor
Off season 300Kc/On season 350Kc
Tel:257007397
立地はナ・カンパにあり非常によい。ドミもだだっ広い部屋にたくさんのベッドがならぶ病院のよう。私はいつもここを利用する。

○Hostel Elf
Husitska 11, Prague 3
Off season 290Kc/On season 320Kc
Tel:222540963
入り口にピエロみたいな絵が見える。周りも安いパブがあるとのこと。私は、なんとなく、見ただけで泊まらなかった。

■ブルーノ
○Hotel
Lomena 48 (N12トラムの終点)
300Kc
Tel:45234232
まるで会社の寮のような部屋で、キッチンもある。冷蔵庫も。ベッドは二つあるため、ひとつしか使わないことを条件に値下げ交渉をすると、上記の金額になる。学生証も提示した。

■ターボル
○Penzion Sport
Bydllinskeho 2867
150Kc
Tel:381251133
近所でサッカーをしていた高校生に紹介してもらった宿。とにかく安いが、駅から遠い。しかも、町の中心とは逆方向。駅と宿の間には、スーパーマーケット、踏み切りなどがある。
宿は、8時から22時までに受け付けしないと泊まれない。英語も通じない。

☆スロヴァキア
■ブラチスラヴァ
○Juraj's Hostel
Tel:+421252499037
Mtel:+421902305711
500Sk
洗濯機、ネットが無料。場所も駅からさほど遠くない。中心には少し遠い。線路沿いを歩き、28(番地)の目印。

☆ポーランド
■ブロツワフ
○Hotel Tumski
Ul.Slodowy 10
Tel:3226099
35zl
夜12時前に飛び込んで空いていた。宿は清潔でよい。駅からは少し遠い。

東欧は時期がオフシーズンならば、飛行機を利用した旅行もありです。
飛行機が、イージージェットや、ジャーマンウィングスなど非常に安い。ただし、2週間前くらいには、予約を終了していないと大変な金額になってます。
日本で予約も可能なので、2週間とか3週間で効率よく周りたい方にはお勧めです。
一応リンクは、とりあえずどいつにに張ってありますのでどうぞ。
[PR]
by mir2004jp | 2005-06-22 00:50 | Europe