カテゴリ:Russia etc( 26 )

26.品川からサンクトペテルブルクへ①(旅日記風)

2000年夏。少し時間があった。
一年前にアジア横断をしていた私が心残りにしていたもの、それは、シベリア鉄道でのユーラシア横断。
ただし、ちょっと他の人とは違うことをしたい。
私は、みなと同じはつまらない。
いや、正確にいうと、みなと同じであってはならない。
この思いがずっと積み上げられて、私は行動した。

決断した内容は、青春18切符での品川からロシア・サンクトペテルブルクへの列車の旅。

「切符は買ってからの乗車が望ましい。」

重苦しい空気とは裏腹に気分の方は上々だった。この旅のスタート地点は今までとは違い、自宅からとなったからである。この認識は一日をかけて出国の地に向かうという意味で、以前の空港からひとっ飛びとは明らかに異なるからだ。夜の10時に家を出、JR品川駅にて臨時の大垣線に乗らなければならなかった。

品川駅は驚くべきほどの旅好き、あるいは、金を使わないちょっとした青春をたのしむ学生たちの群れを包み込んでいた。もちろん私も、その一人にほかならない。
いつもどおり、一人旅。暇を持て余していると、気になる人たちを見かけた。並んだ列で困っている風の女子大生5人組み。、
「十八切符買えなかったんです。」
事情は、簡単で、夜の駅で切符を購入しようとしたところ、みどりの窓口が閉まっていたとのことだった。ただ、もう一人来る友達が買ってくるとのことだった。はじめて、十八切符を使うらしく切符の形態も知らなかったらしく、説明しながら見せるとみな興味津々だった。

列車に乗ってみるとやはり席は埋まってしまっていて、ひとりものの私は座れても、6人の女子大生は座れるはずもなく、入り口の通路の新聞を敷き名古屋に向かうことになった。彼女たちの行き先は、友人の実家がある名古屋からの中央線沿線の駅だった。

私は、十八切符がなくてもなんとかなる方法を伝授するために、ちょっと話をしにいった。行き先が以前行ったことのある場所であったため、容易いことだと判断できた。彼女たちが今度は、私に質問してきた。
「おにいさんは、どこに行くんですか?」
どういうわけだか、おにいさんと呼ばれてしまったことに、驚きつつも答えた。
「サンクトペテルブルグ」
 「すごーい。」
隣に座っていた女の子が言った。
もう一人の女の子は顔をしかめていた。
「へっ?」
しまったと思った。また他の女の子が、感嘆した友達に質問た。
「それって、どこ?」
だれも、答えられる人がいなかった。やはりだった。調子にのってしまった。ほんの些細な笑える話のつもりが、そうでもないことに気が付いたのが少々遅かった。
「ロシアの都市で、モスクワよりもっと向こうにあるんだけど、すごく美しい都市のひとつと言われているんだ。昔からどうしても行きたかったから。」
「男の人はいいよね。ひとりで、行けるし…」
たしかに、そのとおりかもしれない。そうおもいつつ、列車内が混んできてしまい座席に戻らざるをえなくなった。そこで、必死に眠る努力をしながら、いくつかの駅を通り越していた。
私の横の通路には大学生の男2人が眠い目をこすっていた。疲れていたみたいだった。
「席を譲りましょうか?」
問い掛けてみるも、その必要もなかったらしく、話相手になってもらえた。私はなかなか眠れないため、非常に助かった。
ある程度、通路が空いたのを見計らい、品川で知り合った女子大生の様子を見に行くと、防空壕に避難をしている女性のようだった。一人は確実に、消耗していた。その子をとりあえず、私の席で眠らせ、私と大学生の男の子とで、入り口の防空壕生活に加わった。

神戸の三宮についたのは午前10時頃だった。あとは、ポートターミナルに行き、燕京号に乗り込むだけだった。近くのダイエーで少々買い込んで、旅に備えた。このとき、まだ旅がはじまるという実感はなかった。いつも通りのゆっくりとした出足だった。
[PR]
by mir2004jp | 2009-03-20 23:48 | Russia etc

グルジアのビザ

モルドバもルーマニアのブカレストでならば、無料でビザ発給などの話は以前も聞いていましたが、まさかグルジアも近いうちに行きやすくなるとは。ただいま、検討中のようです。

先日のハンガリー旅行の際にも、ブダでかなり安く(5だったか15$)でモルドバビザが取れると聞いていました。

キルギスは日本のみビザ不要。

なんだか、中央アジアが魅力を増しています。
[PR]
by mir2004jp | 2005-04-18 21:51 | Russia etc

01ムールマンスク 寒い寒い冬でも

a0013001_3171374.jpg
a0013001_3174250.jpg
a0013001_3182076.jpg

寒い町でしたが、北極圏なのに3月で-14度くらいで快適でした。
[PR]
by mir2004jp | 2004-10-02 03:17 | Russia etc

00サンクトペテルブルク 夜景でもいかが

a0013001_23413187.jpg

ロシアのサンクトペテルブルクは運河の町です。街灯なんかもきれいに町を照らしています。左はエルミタージュ美術館です。
a0013001_23413828.jpg

ピョートル大帝の像の近くから運河を眺める写真のつもりでしたが、道路の光りがきれいだったので。
a0013001_2341478.jpg

夜2時になるとあがる跳ね橋。サンクトは運河の町なのですから、致し方ないのですが、これのせいで橋の向こうに行けないということがおきるのです。
ちなみに、私はYHに滞在しておりましたので、この写真はYHの近くから撮りました。
[PR]
by mir2004jp | 2004-09-18 23:46 | Russia etc

00テレルジ ゲルと草原と

以前のが写真あまり貼り付けてなかったのでTBして再発です。
a0013001_182375.jpg

IDREさんの家のツアーを使ってやってきたテレルジはなかなかのものでした。
IDREさんの車ではなぜか『ジンギスカン』と『めざせモスクワ』が流れていました。わかるところだけ、みんなで、大きな声で歌っていました。
「じん、じん、じんぎすか~ん♪」
a0013001_183424.jpg

テレルジで馬に乗る。 なんてこともしていました。私の重みで馬がかわいそうに見えますが、馬が小さいだけです。
[PR]
by mir2004jp | 2004-09-14 01:11 | Russia etc

タリンで消火器騒動。⇒警察へ

タリンに着くと、毎度のバナ・トムへ。
朝-20℃のフィンランドよりは、ましな寒さ。

ここでロシアヴィザを取るか、バルトの下の国々に向かいそこでとるべきか?

結論としては、エストニアでは高い。
翌日には、ラトヴィアに行くことに決定した。

同部屋の日本Aとスウェーデンとで食事をしホステルに戻る。
このスウェーデンははぶりが非常によく、カジノにまで連れて行ってくれた。

そんな中、日本Bと韓国がホステルに新しく入ってきました。
アジアの面子ということで妙に親しくなれ、夜も遅くまで話をしていたのですが、異変が・・・

日本B:「部屋に入れない。」
みな:「え?受付で鍵借りてあけてみたら。」

しばらくして、
日本B:「スウェーデンが自分のベッドじゃないとこうろついてたんですけど。」
みな:「おかしくないか?」
日本B:「荷物どこにおいたかな~だって。」

朝5時になぜか、スウェーデンが部屋を出ようとする。昨日まではしばらくいるといっていたのに・・・

そんな中、スウェーデンが日本Aの時計に手をのばすと、ねむけ眼の日本Aは、
日本A:「それは、ぼくの時計だよ。」
韓国が2段ベッドから飛び降りると自分のジーンズのポケットを見る。
韓国:「ちょっと待て!俺の小銭がない!」
私:「荷物見てみて」
日本B:「パスポートとトラベラーズチェック、キャッシュがない!」
日本A:「やつくさいから、ちょっと荷物チェックしませんか?」

スウェーデンの荷物を開けてもらうことにした。
言い分。みなも自分の荷物を開けること。

スウェーデンの荷物には、地球の歩き方、そば、ホッカイロなどが入っていた。
ちなみに、鍵がバックパックにかかっていたため、開けられなかったため、十徳で開けた。ますますおかしい。

やつの言い訳。
「鍵は彼女に渡した。」
「日本の友達からもらった。」
などなど。説得力0。

そんな中、バックパックを持っていたという記憶がなかったため、廊下の方に気になっていってみると、もう一つバックがあった。

これが、スウェーデンの本当の荷物。
全部ひっくり返したが見つからない。

そうこうしていると騒がしさに隣のドイツがノックしてくる。すると、スウェーデンがぶちきれ殴り合い。スウェーデンが意表をついて勝ったようだった。

その直後、部屋を再び開けたドイツの攻撃!
a0013001_151854.jpg

部屋は真っ白になりました。
結局、ひっくり返したバックの底に見えないように隠し持っていたパスポートが返ってきたため、大事には至りませんでしたが、日本Aも私も警察での事情徴収、日本大使館の方との話会いで予定が多いに一日丸々ロスしました。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-28 15:20 | Russia etc

フィンランドからバルト3国、そして、ロシアへGO!

前回のシベリア鉄道の帰国のために買った航空券でフィンランド・ヘルシンキに入る。
空港には、ヘルシンキの友人が来ていて、Design Art Museumへと連れて行かれる(外気温:-13℃)。実は、友達、2001年まではここの館長。サンクト・ペテルブルクで会って以来半年振りの再会。ただで、美術館の中を見せてもらい、館長の部屋まで連れて行ってもらう。
2月のフィンランドは信じがたいほどの寒さなので、モンゴルで買った厚手のジャケットを羽織ってジッパーもあげておく。それでも、海の近くにあるレストランでは、半そでの女性が仕事をしていた。寒さに強い人もいるようだ。

ところで、海はこの時期、蓋がかぶさっている。氷で覆われている。
館長はサウナがフィンランドの名物であるため、連れて行きたがったが、残念ながら機会がなく、フィンランド名物は、トナカイの肉を食べることだけとなってしまった。
パサパサであまり好きではない。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-28 14:43 | Russia etc

いよいよシベリア鉄道の旅も終焉

a0013001_04354.jpg

エストニアのタリンは本当に小さな町です。
城砦都市なのですが、一日も必要ないほど簡単に歩き回れるほどの大きさなのです。ここでは、バナ・トムというホステルに泊まりました。
帰国のために飛行機のチケットを650$で取りました。フィン・エアー。

フィンランドのヘルシンキ経由ということでスオミライネン(湖沼の住人)の国も少し覗けました。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-28 00:45 | Russia etc

アレクサンドル・ネフスキー通り

サンクト・ペテルブルクのメイン・ストリートです。
オペラ座やら、デパートやらが並びます。
ここから、エルミタージュ美術館(学生証があれば無料)、海軍領事館へもさほど遠くありません。
エルミタージュに出れば、ネヴァ川の向うにはペトロ・パブロフスク要塞もあります。
などと観光案内になってしまうのはココまでにしておきます。

この通りでは、いろいろなものが売られています。
a0013001_0565.jpg

猫ちゃんを捨てるのではなく、売りに来ているのです。
なんとも涙ぐましいことです。これぐらいまでは、最低限度はしてあげてほしいものです。

また、食べ物も大体この通り付近です。
マロージュナエ(アイス)は禿げたオヤジもミニスカートのモデル風の女性も関係なく表情なく食べています。ピロシキだって、20円もしない。

私のよく行った壷焼き食堂のマルガリータもこの通りから見えます。

ちなみに、この通り沿いでバレエ『ジゼル』を観にいきましたが、70Rs(280円)といった金額でした。安い!
次は、エストニアに入ります。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-27 00:57 | Russia etc

スパース・ナ・クラヴィ(血の上の救世主)

a0013001_04417.jpg

聖ワシリーもいいのですが、この教会もなかなかのものです。
ロシア正教の教会はこういった装飾があり、贅沢に見えるのですが、それほど大きくもないため、控えめにもかんじます。
運河沿いにある教会を船で見ることもできるようです。
そして、観光名所でもあるため、土産売りもいますし、音楽を奏でるミュージシャンもいます。さすがは、音楽では言わずと知れた有名な国。みな音楽が好きなようです。
縦笛を吹く親父までいます。かなり下手です。
マロージュナエ(アイス)片手に適当に歩くだけでも雰囲気はいい町です。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-27 00:45 | Russia etc