カテゴリ:Myself( 62 )

どうでもいいこと

どれぐらいの間、同じことで悩んでいるのだろうか?

いまだに私には帰着点が見つからない。
悩みはささいなこと。ただ認めたくないこと。

世界は広い、そして、私はちっぽけだ。
私の目に見えるものが、どこまで信じてよいのか、どこまでどうにかできるものなのか。

10年前、苦し紛れに知人に放った言葉。

「何が正しいのか、何をしなければならないのか?
そんなことなんてどうだってよいのだ。
今やれることをやるしかないのだ。
それらのことは無意味なことではなく、結果として意味のあることに変わるのだから。」

結局、自分への言葉であった。

そして、今の私は呪縛から抜けられない。

5年前に前職を辞め、世界を垣間見た。
また同じところに戻っている。いや、正確には答えがさらに複雑なものとなり、賢くもなり愚鈍になった自分を見つめるところとなっている。

少なくとも孤独と向き合う作業が私には必要だった。
結局のところ、他人に頼っていはいても、自分で決めたかったから、自分に納得のいく回答が自分自身で得られる機会と得るための過程が必要だった。

3日間、久々に家の中から出ることもなくさなぎのごとく過ごした。

少しわかったことは、予定調和への恐怖をやわらげる方法は、未来の物語を読み出すことであり、それは、自分もその登場人物となることだった。

あとは、その振る舞いが問われている。
自分の内なる魂が赴く先をさぐる旅はまだ続く。

私は幸せものだ。
時は刻む。私がその中で何をするべきなのかは、私が決めることができる・・・

旅の話はずっと留まっている。10年前に書き始めた旅日記も留まっている。
それらのことについてもけじめはつけるつもり。
ただ、旅日記はまだ私のなかにあって、色褪せることがない。
そう、無意味な旅にはなっていない・・・

待ってくれているひとがいるとしたら、もう少し待ってほしい。。。
[PR]
by mir2004jp | 2009-10-12 17:39 | Myself

そう、ノートPCはやはりこの会社のを買ってしまうんだな~

ノートパソコン買いました。悩みました。この会社のPCはなかなか安いのがない。
でも、性能、キーピッチ、すべてにおいてこの会社を超えるPCにはいまだに出会っていない。

私のPC遍歴を振り返った。

一代目はデスクトップ。96年のこと。その後、マザーボードを変えたり、ハードディスクを増強したりといじった記憶が懐かしい。
二代目はノートPC(ダイナブックVシリーズ)。02年(?)だったような。旅に出るのと、一代目が存命だったため、姉にプレゼントしました。昨年まで現役でした。
三代目はノートPC「東芝 Dynabook SS S8/210LNLN」。04年。旅にも持っていきました。液晶の電極が異常をきたし、現在、左1cmの液晶が見えなくなりました。このPCは思いいれもあるが、本当に大好きだっただけに、すごく哀しい。
性能は今でも十分なだけに、先日1万円くらいでジャンク屋で見かけたこともあり、中古でもいいから、部品を交換して利用しようか検討中。

四代目は、「東芝 NetBook NB100 N270」。ミニPC。いよいよここまできました。
画面がどんどん小さくなっていきます。私はPCでは、メールと情報収集、家計簿、資料管理程度で、メディア系のことはしないので、9インチくらいのが持ち運びが便利でよいのです。金額も3万ちょっと。助かります。

しかしなが、12インチのこのPCがあまりにもしっくりきているだけに、少しさびしさは感じます。
やはり、明日にでも、会社帰りにジャンクPCを秋葉原にでも見に行きましょうか。
[PR]
by mir2004jp | 2009-03-30 13:29 | Myself

旧友との日本での再会

友人が今年に入ってから2回、日本に来ている。
1回目は、仕事。
2回目は、結婚式。
めまぐるしくヨーロッパを走り回る友人は、日本でも、走り回っていたようだ。

来るメールは、「今、大分。明日、長崎に行ってから東京に戻る。」といったもの。
日本の企業や政府とのやりとりをする友人ならではのフットワークの軽さににやけてしまう。

そんな友人とは2000年にリトアニアで知り合った。
仲良くなったのは、インターネットカフェの場所を教えたことから。当時、それほど見つからない上に、、安くない時期だったため、探しているという話から、私が、声をかけて教えた。

それが、前の会社時代に1回、会社を辞めた後に1回、私が、ヨーロッパみ移住した際に、泊めてもらって1回、スロバキアでカンファレンスがあるということで、偶然チェコにいた私が会いに行き1回、今年は2回も会っている。

もう8年の付き合いだ。
毎回会うと、チョコか、ビールをもらう。
そう、友人はベルギーから来るのだ。

今日は、久々に会ってつくづく思った。日本という国について。
今日は、お酒をいただいたので、もう気力がないのだが、とてもいい再会だった。

ヨーロッパで仕事をしないかと、誘われて少し心が揺らいだ夜だった。
[PR]
by mir2004jp | 2008-10-25 23:52 | Myself

一級小型船舶免許

実は、先月、一級小型船舶免許を取得しました。

今日、免許証が届きました。

なんだかうれしいです。
[PR]
by mir2004jp | 2008-10-05 23:00 | Myself

近々、最近の写真をアップしますよ~

なかなか時間がとれないのは、私が時間の管理が下手なためです。

近いうちに写真を少しアップします。

旅のもアップしたいですが、日本で何してるかくらいは先にのせねば~
っというわけです。
[PR]
by mir2004jp | 2007-09-17 23:01 | Myself

節目の男

旅人から社会人(正しい表現かは微妙ですが)へと変わった日常。

入社日は初雪。
今年度始まりの日はセキュリティカード忘れ。
どうも私は節目に何かが起きてしまうようです。

そういえば、2005年も誕生日付近に、理解不能なドジをして日本に帰国したような。

さて、仕事ですが、どうなんでしょう。
慣れてきたのか、慣れてきていないのか?

いずれにせよ、外出をすることになって平日の山手線に乗りました。
かわいい女性がたくさんいました。

ここは桃源郷のようです。
アフリカの日々を振り返ると(比較するにもおこがましい。)、私は幸せもののようです。
[PR]
by mir2004jp | 2007-04-04 21:46 | Myself

決めました

最近、Blog、mixiといったところに暇つぶしがごとく、なにやらを書いているわけですが、せっかく、旅も終わったことですし、そろそろ、Webもすべて書き直してみようかという話が持ち上がりました。少なくとも、ひとつの国、にひとつの何かはかけるはずですし、写真が多少はあるわけですから、写真の大きさに気をつけながらかけば、千一夜物語がごとく3年は続くのではないかという次第です。

開通がいつになるのかわかりませんが、記念すべき一話(ただの写真につける出来事ですが)は、4月上旬を目処にしたいと考えています。

工夫などしません。なにしろ、今のパソコンでできることは、テキストベースしか無理なので。

また途中報告でもします。

とりあえず、これから家計簿作成に入ります。やることが多いです。
[PR]
by mir2004jp | 2007-03-21 11:48 | Myself

取材対象?(旅人として)

今日、実は、取材をされました。
旅関係のことなどです。

昔からの友人ということもあり、話易いことも手伝ってあっという間に時間が過ぎてしまいしまいました。なので、取材になったのかはなぞです。採用されれば掲載されるのでしょう。期待をせずに楽しみに待ってみます。

さて、もうそろそろ私も会社勤め生活に入ります。

一応、私は海外旅行は遊びももちろん、冒険ももちろんあったわけですが、調査が私の主だった理由であったことを改めて紹介してもよいかもしれないとおもい、2006年のナイジェリアのころの日記を写真にとってアップしてみます。

a0013001_2331362.jpg


もちろん解像度落としているのでしっかり見えないでしょうけど、私の旅の最後は、ほぼこのくらいは書き込みがされているのが常でした。よっぽど暇だったのでしょう。
町の地図、品物の絵、両替レート、人との会話のメモ、バスの乗り方、民族の特徴、その他もろもろがぎっしり詰まったノート。初期のころ、日本人が多い地域ではこれらがあまり満たされることはないのですが、シングルの部屋に泊まり、朝から昼まで外回りをし、昼飯を食べ、インターネットをしてから、また外回り、夜にビールを飲んでから部屋で書きもの、そして寝る。このサイクルは私にとって幸せなひと時だったように思います。、
この写真の右の方はカラバーの市場に売っていた女性のエクステと芋の絵です。なかなか懐かしいものです。

会社勤めしてもこういう習慣は続けていきたいものです。今していないですけど。
[PR]
by mir2004jp | 2007-03-14 23:37 | Myself

面目ない

私としたことが、ここにきて体調不良になりました。

花粉症かと思っていたものの、くしゃみをして背中の筋が痛くなったあたりからおかしいと感づきはじめたのですが、昨晩友人との酒飲みで帰宅後、妙な動悸でなかなか寝付けず、先ほど朝飯を済ませたのですが、まだだめなようです。

今日も神田でのみです。

2日連続で10年来の友人との飲みです。いかないわけには行きません。
ちなみに今日、これから会う友人は飲み会にフンザ帽をかぶってきたことがある私の知るかぎり私の会った中で3人しかいないレアな方です。

思えば、エジプトのカイロの空港で寝、ピラミッドに行き、私はヨルダン、友人はリビアに行って以来9年の月日がたちました。

その後、2回しか会っていないというのも面白い話です。
今日はどんな話が聞けるのでしょう。

それにしても、かなり頭が痛い。鼻水が止まらない。何もしとうございません。
[PR]
by mir2004jp | 2007-03-14 13:15 | Myself

おいでなすった。

昨日、久々にバッティングセンターに行きました。
運動をすることは私の望むことではないので、散歩をしていた際に通りがかったバッティングセンターに入っただけです。3時間もしないうちに筋肉痛になりました。

その筋肉痛のあと、その筋肉痛になった場所が妙に硬い。

体重は思う存分に増量したのであとは減らすだけなのです、
しかし、以前から言われている腕立て伏せなどといったものはしたくありません。体を鍛えるこの腕立て伏せにはいやな思い出があります。毎日1回ずつ増やすということで、20回くらいから中学生のころ高校受験前に行い、気がつけば胸囲が100を超え、男子校に入学したことも相まって、同級生におしりを触られたことがあるのです。だから、嫌なのです。筋肉はつくとなかなか落ちないので、だったら脂肪の方がましではないか、ということなのです。

ただ、必要な筋肉くらいつけないとまずい気がしてきました。
ノートパソコンを片手で持ち上げたら、腕が悲鳴をあげるより先に、私が悲鳴あげてしまった。
このままでは箸ももてなくなってしまうかもしれない。
バランスよく筋肉をつけるにはどうしたらいいのだろうか。

とりあえず、今はいらない脂肪を落とすことが先決か。
[PR]
by mir2004jp | 2007-02-13 23:43 | Myself