ナウシキ国境へ抜ける!さぁ、ロシアだ!

ロシアへの列車が出発する。同じコンパーティメントは全部モンゴル人。
シベリア鉄道なのに、みんなモンゴル人だよ~
ちなみに、中国発のシベリア鉄道だと、みんな中国人なんだそうです。

豪快なオヤジとちょっと小太りのおばちゃん、韓国映画に出てきそうな若者がいる4人部屋。適当なロシア語でなんとか通じているのが救い。

国境でのイミグレのシートを渡されるものの、キリル読めても意味わからないものが多くて、昔買った「地球の歩き方 ソ連」を読むものの、なんかシートが違う?
1500$以上の現金持込はないから問題ないはずということで、そのまま提出すると、それだけで、終わり。簡単だったな。

終わるわけがない。
イミグレでロシア人が各部屋のベッド(椅子)下、屋根とすべてチェックをし始めた。
なにが起きているんだかわからないでいると、ブラックマーケット対策だということだった。
確かに、国境付近に近づいたときに、オヤジにタバコをバックパックの中に入れろと数箱渡された。私は運び屋にされていたのか!
a0013001_05929.jpg


ともかく、この国境越え以降は、各駅ごとに食事が外で売られているため、パプリカの肉詰めなども含めて安上がりの毎日でした。
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-26 01:00 | Russia etc
<< シベリア鉄道のブラックマーケット 耐久『ロード・オブ・ザ・リング... >>