苦手な飲み物

旅が終わったからいいようなものだ。
私は、飲み物で一番苦手なものは水。
大いに笑われた。
味がない。体にいいのは、水分の役割だけという頭がある。
だから、フルーツジュースか、コーラといった炭酸水ばかり飲んでいた。
安ければ、ひたすら牛乳。
夜はビール。

理由は、おいしくないからもあるが、インドでの事件に端を発している。
パッキングする機械でパッキングされた水道水を飲んであたった。遠い昔のこと。

それ以降、本当に水が嫌いになった。飲みたくない。
砂漠でも飲まない。ほとんど飲まない。
今まで、生水を飲んだのは、スーダンとキリマンジャロの山水のみ。どっちも色がついていた。たぶんもう飲まないと思う。

買ってまで飲むということも避けている。必要と思ったときだけ。
ジュースにして飲んだりすることが多い。ナミブ砂漠も暖かいジュースを飲んでいた。
ガンビアから先でも、粉ジュースをつくっていた。もちろん、ちょっと高かろうが、味がついているから水よりジュースを買う。贅沢だ。

水の嫌いな旅人は以外と多いのではないかと思う。私は、コーラのホットは以外と好きだが、暖かい、いやいわゆるぬるい水はきらいです。

今回は、ガンビアの写真をアップです。

The Gambia AUサミット
[PR]
by mir2004jp | 2006-10-13 16:48 | What I think about
<< Don't Try t... ドッペルゲンガーでもバイロケー... >>