モンスターの眠り

第一部しかまだ出ていない。
時は2026年、場所は、ニューヨークとサライェヴォを舞台にしている。
記憶のスペシャリストのナイク、アナーキーなアミール、天文学者のレイラの三人が軸になったバンド・デジネ。
スピード感はない。
一枚一枚のコマが続くことによってストーリーを作っているのだが、それらはまるで、美術館の中を回っているのではないかというほどに、含むものが多い。

エンキ・ビラル(Enki Bilal)はユーゴスラヴィアのベオグラード出身なだけあってちょうど、1993をこの作品の原点に設定している。

生まれた日から18日目の記憶からナイクは一日ずつ過去に記憶をさかのぼる。そして、同じ部屋にいた他の2人との再会を夢見、探しにでかける。

そんな中、オプスキュランティス・オーダーという組織に翻弄されながらストーリーは進む。

早く2部が読みたい。

ニコポルが12年かかったのだから、モンスターの眠りはとりあえず、あと5年ちょっとで完結か?
[PR]
by mir2004jp | 2004-06-06 20:42 | Book
<< やっぱり金でしょう。 甜蜜蜜 / ラブソング >>