無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語

焼酎の『百年の孤独』が好きだからってガルシア・マルケスを読んだわけではない。
でも、王道に対して、やはり、ちょっと横道にそれたものを読んでみたいと思うのは人の常ではないだろうか。ホルヘ・ボルヘスといった技巧的な文章を読むのが苦手な私にしてみれば、短編なので読みやすい。ボルヘスの短編は短編なのに難しい。
なかなか中米、南米といった国を代表する作家の作品は読むことがなく、10年くらい前にフェンテスに手をだしたくらいだった。このタイトルの本も5年前くらいに購入してから全く手をつけていなかったのだから、今更といったところか。
ところで、この作品である。
それほど悲惨ではない。少なくとも『ダーバヴィルのテス』なんかに比べてそれほど悲惨ではないのだ。
南米の男とヨーロッパの男の質の違いなのだろうか?
『テス』と比較すると、少なくとも、エンジェルも含めた男はいずれも、テスに対しての配慮はない上に、自己中心的である。テスはソロウを失うだけでなく、次々と彼女の物質的な部分、精神的な部分を消耗していく。『エレンディラ』では、彼女も娼婦として落ちてはいくものの、ウリセスという男に出会う。そして、信じがたいほどの優しさを得ることになる。でも、結局は、男か女が自己中心的なことをして話は終わるのだ。

この作品のすごさは描写が気持ちいいこと。所詮、翻訳なのだがである。
[PR]
by mir2004jp | 2004-04-13 00:34 | Book
<< 旅の準備といいかげんな計画 百頭女 >>